.
.
.

home

宮地兵次郎
関係写真資料・鶴ヶ城跡


鶴ヶ城跡
(岐阜県史跡・瑞浪市有形文化財)
「鶴ヶ城入口」とある

 

土岐頼兼墓(瑞浪市ホームページより抜粋)

土岐頼兼は、
室町幕府の初代美濃国守護となった土岐頼貞の十男といわれ、
兄の頼遠が家督を継いで長森(現・岐阜市)に移った後、
土岐町に所在する鶴ヶ城(神箆城・こうのじょう)の
城主となったと伝えられます。

正中元年(1324年)、鎌倉幕府を追討して
王政復古を望んだ後醍醐天皇は、
側近の日野資朝、日野俊基らと謀って密かに兵を募りました。
この挙兵に応じた頼兼は一族の多治見国長、船木頼春、深沢定氏、
尾里国定、萩原国実、猿子国行、市原国宗らを
率いて京都に上がりましたが、
一族の土岐頼員が不用意に妻(六波羅探題奉行・斉藤利行の娘)に
漏らした一言から幕府方の知るところとなり、
六波羅探題からの急襲を受けて一族は討ち取られ、
企ては失敗に終わっと伝えられています(正中の変)。

討ち取られた頼兼の首は京都の三条河原に晒されていましたが、
家臣の根竹十郎がこれを奪って帰り、自らの館、根竹集落
(現・土岐町桜堂)の見える高台に頼兼の首を葬り、
自刃したといわれます。

頼兼の墓は、鶴ヶ城の北東約500mの自刃洞と呼ばれる山中に所在し、
宝篋印塔2基と五輪塔3基が残されています。

なお、土岐頼兼に対しては、明治38年(1905年)に正四位が贈位されて
名誉回復がなされ、昭和24年(1949年)には鶴ヶ城の山頂に
頼兼を祭神とする土岐神社が創建されました。


桜堂薬師


桜堂薬師


八幡宮


八幡宮

 
八幡神社

 
八幡神社にある
「美濃源氏発祥の地」

 

八幡神社にある
明智光秀公日向守顕彰の碑・
明智光秀公伝承

清和天皇に発した美濃源氏は一日市場館
に土岐頼貞を初代守護として発祥した。
頼貞の九男頼基の子頼重が明智氏初代とな
った。八代頼尚の子頼典が文亀二年に土岐
信友の高屋館に故あって居住、其の孫とし
て生まれたのが光秀で、一日市場館尾形の井
戸水で湯浴み、二歳にして明智城代光安に
引取られたと古くから伝承されている。
長じて信長に仕え、坂本城等多くの城を
構え惟任日向守となり、天下統一の中核を
なしたが、本能寺の変後、歴史からその名
が消える運命となったが、いまここに蘇り、
彗星の如く輝かんとしている。

平成十八年七月吉日
瑞浪明智光秀公顕彰会
.
.
.
home
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
<EOF>